ADSLってそもそも何?

インターネット回線のひとつ、ADSLとは、電話線を使ってデータ通信を行う技術のことを指します。
音声を伝えるのには用いない周波数領域を利用するもので、そもそも、正式名称を「AsymmetricDigitalSubscriberLine」と言い、ADSLはそのAbbreviationです。
Asymmetricと言う通り、特徴はその非対称性にあり、データ受信と送信とて速度が異なってきます。
基本的にデータ受信、下りが上りに勝る為、大きなデータのアップロードを行うのには向いていません。
インフラに物理的な影響を受け易いので、安定した供給も望めないでしょう。
立地や時間帯などを気にする必要があります。
反面、普及している電話回線を利用する為、導入のハードルが低く、その利用料金も他のインターネット回線と比べて安価だと言えるでしょう。